札幌,江別でトイレ,キッチン,風呂のつまり・水漏れはアリー便利サービス

ホーム > 新着情報 > 札幌市南区 蛇口の水漏れ修理 │キッチンの蛇口 修理にすべきか交換にすべきか

札幌市南区 蛇口の水漏れ修理 │キッチンの蛇口 修理にすべきか交換にすべきか

札幌市南区 蛇口の水漏れ修理

今回は築19年戸建て住宅のキッチン、蛇口水漏れ修理の事例をご紹介します。

 

札幌市南区 蛇口の水漏れ修理


札幌市 南区のお客様からキッチンのレバー式蛇口の水漏れについてご相談を頂きました。

 

水の出る口の所からポタポタと垂れるそうで、2つのキッチンがあり、両方の蛇口が同じような状態とのことでした。メーカーや型番など詳しい内容はわからないようでしたので一度お伺いして見させて頂くことにしました。

 

お伺いして詳しいお話しをお聞きすると、1階と2階にそれぞれキッチンがあり、築19年程で一度も修理などはしていないそうでした。確かに吐水口からポタポタと水が垂れていて、その他にもレバーの付け根部分や吐水パイプの付け根部分からも時折一筋、水が垂れていました。

札幌市南区 蛇口の水漏れ修理 1階の蛇口交換前札幌市南区 蛇口の水漏れ修理 2階の蛇口交換前

 

この先も長く住み続けるかどうかもお悩みのようで、お金をかけて修理をしても家を手放すことになるならもったいない。しかし、家を手放すと決まっているわけではなく、この先何年住むかもわからないので、水漏れはずっと気になっていましたが修理を先送りにされてきたとのことでした。

家を売りに出すなり、他の人に貸すなりするとなったとしても、水漏れや不具合がある状態もまた、よくありませんので、いずれにしても何らかの修理が必要ですよね。

 

今回は、カートリッジという部品の劣化と、吐水パイプの金属摩耗と、水漏れの原因が複数ありますので、今の蛇口を修理してこの先も使うとしても、部品を複数箇所換えなくてはなりません。修理の費用をお見積りしました。部品の取り寄せにも日数が必要でした。

 

ちなみに、蛇口自体を新しくしたときの費用は?と気にされていましたので、その方法でのお見積りもしました。蛇口本体の交換は在庫がある物でよければその日の内に交換が可能でした。

 

複数箇所の修理と、本体の交換とでは金額もそれ程大きく変わりません。

まだこれからも住み続けるという可能性がある以上、この金額差であれば、またトラブルが起きるのではないかとビクビクしながら使うよりは安心して使っていきたい!とお客様の考えもまとまって、2ヶ所のキッチンの蛇口を新しく交換することになりました。その日の内に解決するという点も都合がよかったようでした。

 

どちらもTOTO製の同じ型ですが、同じ年数でも1階の蛇口の方が劣化が進んでおり、固定金具も錆びて少し力を入れただけで金具が崩れて落ちてしまいました。流し台のステンレスを傷つけてはいけませんので慎重に取り外しましたが、少し時間が必要でした。2階の方はスムーズに取り外すことができました。取り外しさえ終われば、取付けは早いです。取付け部のステンレスを掃除して、新しい蛇口の台座金具を取り付けます。

札幌市南区 蛇口の水漏れ修理 台座の取付

台座に新しい蛇口をさし込んで固定し、水とお湯をそれぞれ接続したら完成です。

札幌市南区 蛇口の水漏れ修理 1階作業完了

札幌市南区 蛇口の水漏れ修理 2階作業完了

今回は2ヶ所まとめての工事でしたので、料金もまとめて割引でお得になりましたし、新品の蛇口になり今後も心配もなくなり、喜んで頂けたようでした。作業前は色々と悩まれていたお客様でしたが、作業の後は安心してすっきりされたご様子でなによりでした。

 

私たちの目的は、お客様宅の修理や作業ではありません。

お客様の『悩み』をお聞きするためにお伺いして、時間をかけて状況を聞いて、調べて、説明して、一緒に考えて、お客様にとって1番良いと思える解決策をお客様ご自身で導き出すまでのサポートをさせて頂くことが一番の目的です。

お客様の置かれている状況について一緒に考えますし、お客様がお持ちでない情報や、色々と調べるための手間や時間は私たちで全力でサポートしますが、『こうしなければいけません』というような一方的な提案はしていません。

 

修理だけでなく色々と相談しちゃってごめんなさいね…とおっしゃるお客様もおられますが、まさにそれをするためにお伺いしているので、遠慮せずに色々とご相談下さいね。むしろお客様の本音の話しを聞けないと、的はずれなサポートになってしまいます。

お客様が笑顔になる、喜んで頂ける、私たちの1番の原動力です。


札幌 江別の水道修理 水漏れ つまりはアリー便利サービスにお任せ下さい♪
ちょっとした「困った…」もアリーにご相談下さい!
お問い合わせは → こちらから