札幌,江別でトイレ,キッチン,風呂のつまり・水漏れはアリー便利サービス

ホーム > ブログ > トイレのグラグラ 要注意です |便器脱着・交換から見える問題

トイレのグラグラ 要注意です |便器脱着・交換から見える問題

トイレのグラグラ

今回はトイレリフォーム工事やトイレの修理の事例から、よくある不具合と注意すべき問題についてご紹介します。

 

トイレのグラグラ


突然ですが、いつも何気なく使用しているトイレ、床にしっかり固定されていますか?グラグラしていませんか?

 

ご好評を頂いているトイレ割引キャンペーンの影響もあり、トイレ関連のご相談や作業をする機会が通常よりも多いので、お客様宅の様々なトイレを点検しまくっておりますが、お客様からお聞きする症例と問題のある実例についてご紹介したいと思います。

 

・近ごろトイレがつまりやすい

・流れ方が変わった

・少し残る時がある

これらの症状は初期症状です。長年使用しているとちょっとした変化は気づきにくいものですので、ふと感じた違和感は信じてよいと思います。前はもっと勢いよく流れていたのに…と感じたらプロによる点検を視野に入れて下さい。

 

さらに悪化したケースでは

・便器がグラグラする

・普通に使っているのに頻繁につまる

・便器の周りや床が水で濡れる、水溜りができる

これらの症状はもう、早めの修理をお勧めします。

 

私たちがご相談を受けてお伺いして見るトイレの中で、トラブルに直結している症状は便器のグラつきです。設置から10年~15年以上経たれたトイレで、下の写真の赤い丸部分のような、

トイレのグラグラ タマゴキャップの位置

 

便器の左右に大小4箇所(2箇所の便器もあります)のタマゴ型のキャップはありませんか?キャップを回して外すと固定するためのボルトとナットがあるのですが、グラグラしている便器はこの周辺がサビているケースがほとんどです。

私たちのような専門の業者でなくても、お客様ご自身で確認できます。

念の為、水抜栓や止水栓で水を止めてから、(手袋などをして)便器の手前の方を両手でつかんで上にそーっと少し持ち上げようとしてみてください、浮くか浮かないかを見ます。動くようであれば修理をお勧めします。

動かなければ、さらに便器の横のタマゴ型のキャップを回して外して見ましょう。キャップで隠れていたボルトやナット周辺はサビていませんか?サビでボロボロになっていたらこちらも修理をお勧めします。

もし今、家にいるのであれば、トイレに行ってご自身で確認してみてください。

 

ボルトやナット周辺のサビが進行した場合は、その部分がなかなか外せなくなります。今の便器を処分して新しい便器に交換する場合は、はじめから陶器を割って取り外しますが、便器を外して再利用する場合には、ボルトかナットを電器ノコギリなどで切断するか、ナットを破壊するかしなければ外す事ができせません。慎重に作業を行っても、陶器に傷がついてしまったり割れてしまう可能性は少なからずあります。

トイレのグラグラ ナット破壊の写真

 

なぜこの部分がサビるのか?ステンレス製のボルトが多いのですが、ステンレスが純100%ではない場合があります。別の金属が混じっていたり、ステンレスではない場合はサビることがあります。金属は酸化によりサビて腐食していきますが、濡れることによりサビの進行は早くなります。雨さらしの金属は腐食が早いですよね?例えば、掃除の時に濡れてしまってそのままになっていたり、トイレが詰まって溢れた時に濡れてしまったり、小さい方をした時に垂れたりかかったりしてしまって濡れたり、結露により濡れてしまったりと、色々な状況が考えられますが、排水が漏れて濡れる場合もあります。

 

排水が漏れる?と疑問に思う方もいらっしゃるかも知れません。設置されて年数の経っていないトイレであれば排水が漏れることはまずありません。経年の劣化により便器と排水管の接続部分に漏れる可能性が生じます。便器の出口と排水管の入口には隙間があります。一般的な便器は陶器で出来ていて出口部分も陶器です。排水管は塩化ビニールです。素材が異なる物同士ですから、密着させても隙間はあります。このままでは床の上に排水が出てしまいますから、その隙間を埋めるために、パテと呼ばれる粘着性のある粘土のようなものを陶器と塩化ビニールの間に挟んで取付けてあります。いわゆるパッキンの役割なので、上下から挟んで圧迫して隙間を埋めています。

 

しかし、このパテも形あるものですから長い年月で劣化していきます、消耗品です。粘着性は無くなり、固くなっていき、人間の重みで何千回何万回と押しつぶされて、圧迫により薄く平たくなります。すると隙間が生じて、そこからトイレの排水が少し漏れます。便器と排水管との接続部分を圧迫固定するために、問題のボルトとナットが接続部の両側に存在します。流す度に濡れてしまいサビていくのです。ちょっと恐い表現になりますが、実際に起こっている事例ですので、知って頂くためにあえて紹介します。

隙間が大きくなると…漏れる排水の量が増え、床の上に広がって便器と床の間から染み出てきます。隙間が出来たことにより便器が浮いたりグラグラしてきます。床が木製の場合は排水により床板が濡れて腐ります。床が腐ると便器やタンクの重みで床がへこんでいきます。臭いも染みつきます。2階のトイレだとしたら、下の階へ排水が垂れてしまいます。

 

気づくのが遅れると、トイレだけでなく見えない部分や家自体に被害が及んでしまうので、できれば早めに気づいて事前に対処をして頂きたいのであれこれ書いてしまいました。新しいトイレは排水管との接続方法が変わりましたので、こういった心配はなくなりました。

 

 

まずはご自分でできる範囲内で確認してみてはいかがでしょうか?

 


札幌 江別 の水漏れ つまりはアリー便利サービスにお任せ下さい!
ちょっとした困ったも便利サービスにお任せ下さい!
お問い合わせは → こちらから